二の腕やお腹の脂肪を減らしたい時こそ腹筋ローラーを使うべき理由

二の腕やお腹の脂肪を減らしたい時こそ腹筋ローラーを使うべき理由女性の皆さん。二の腕やお腹の脂肪を落としたいと思っていませんか?

私は男なので「女性は少しくらい肉がついていた方がいい」という男性の意見も理解できるのですが、女性に何としてでも減らしたい部位だと思います。『人生の中で女性がダイエットのことを考える時間は30年分』なんて説もありますしね。

そこで今回は、二の腕やお腹の脂肪を減らなら腹筋ローラーが効率いいよっていう話をしていきたいと思います。私の体験ベースで話していきます。

二の腕やお腹の脂肪を減らなら腹筋ローラーがいい理由

私はデスクワークが多いので運動不足になりがちな生活を送っています。そのため定期的な運動を心がけており、筋トレも1~2日ペースで取り組んでいます。トレーニング内容は以下の通り。

筋トレメニュー

  • 腕立て:15回
  • 腕立て(手の位置を肩幅より広げて):15回
  • 上体起こしの腹筋:
  • 背筋:15回
  • スクワット:15回

どれも、いわゆる”筋トレ”と呼ばれるものの基本ですね。上記のメニューを2セットやっていて、ある程度どこの筋肉でも筋肉痛にならないぐらいに慣らしていたつもりでした。体格も変わってきて『体重は増えるけど体脂肪率は減る』といった感じでしっかりと効果も出ています。

しかし、先日腹筋ローラーを購入して試してみると、見事に腹筋の下腹と二の腕が筋肉痛になりました(笑)筋肉痛になるということはその部分が鍛えられていなかった、ということの証明。

つまり、あなたがもし今から二の腕やお腹の脂肪を減らしたいと考え、腕立てや腹筋を頑張っても、思ったような効果を得られない可能性が高いということです。

じゃあ腹筋ローラーはどうか?と言えば、筋肉痛になるわけですから、続ければ必ず鍛えられる=脂肪を確実に燃焼することができるといことになります。なので、私は二の腕やお腹の脂肪を減らなら腹筋ローラーが効率いいよ、とおすすめするわけです

「鍛える」というのはムキムキになるということだけではなく、脂肪を減らしてスッキリとすることにもつながります。特に女性の場合は男性と違って筋肉が少ないので、自宅で頑張ったところでムキムキになるほどの筋肉をつけるのは難しいですし、大きくなることもありません。大きくなる前に脂肪が落ちて細くなります。安心して腹筋ローラーをゴロゴロしてください。

ネットのダイエット方法はほとんど無意味

例えば「二の腕 ダイエット」で検索してみて出てくるダイエット方法はほとんど意味ありません。筋肉への負荷が圧倒的に足らなさすぎです。少し厳しい言い方になって申し訳ないのですが、現実はそんなに甘くありません(本当は楽な方法で痩せられれば理想なんですけどね)。

「道具を使わずに腕をぶらぶらして痩せる~」なんてのもありますが、じゃあラジオ体操をやっていれば痩せるのか?という話ですよね。おそらく、ほとんどの方がイメージできないと思います。

実際に紹介されているダイエット方法を試してみるのもいいかもしれませんね。おそらく、翌日に筋肉痛になることはないでしょうし、ならないということはその部分は鍛えれていない=脂肪を燃やせていないということになります。

確かに道具を買ってまでダイエットするのは面倒だという気持ちもわかりますが、モデルや芸能人でも厳しい食事制限をしたりジムに通ったりしていますので、私たちも何かしらの努力をしてダイエットしましょう。

メモ
下腹(おへその下あたり)の脂肪はランニングでも落とすことができます。こちらも私の経験なのですが、デスクワークが続きお腹周りだけ脂肪がつきはじめ、健康診断でも腹囲の増加量に異常が出た時期がありました。そのとき「部屋の中だけではなく外でも運動をしよう」と思いランニングを始めたのですが、呼吸によって下腹が無意識に鍛えられ、見事にお腹周りをスッキリすることができました。トレーニング時間も10分程度(5分ランニング、5分休憩)と短いので、仕事終わりでもできます。ペースは2日に1回。走るスピードは完走手前で「もう走りたくない」と思うぐらい。必死な顔になるので私は夜にしか走りません(笑)。ただ、これだけ自分に負荷をかけるので効果は抜群です。ズボンに乗っていた脂肪は2ヶ月でなくなりました。走ると頭が痛くなるし、家から出るのも面倒ですが、道具を買いたくない方は一度試してみてもいいかもしれませんね。

腹筋ローラーはシンプルなものがおすすめ

腹筋ローラーにはいくつも種類がありますが、シンプルなものでOK。高いものを選ぶ必要もなし。トータルフィットネスのやつが値段も安くて、作りも丈夫なのでおすすめです。

これをゴロゴローっとするだけで、二の腕と下腹が鍛えられます。ついでに言えば、背筋を含め上半身全体が鍛えられるので、全てコレ一つで鍛えることができます。わざわざ腹筋したり、腕立てしたり、背筋したりする必要はありません。

ただ、かなり負荷がかかるので、女性だと1回もできないこともあります。その場合は、膝を付いて、壁に向かってゴロゴローっとやっていきます。壁に向かってやるのは、前に転がり過ぎてアゴを打たないようにするため。

↑こんな感じでトレーニングして、壁なしでできるようになったころには二の腕も下腹もスッキリ。家で気軽にできますし、トレーニング自体は5分もかからないので、仕事や家事で忙しい人でも気軽にダイエットできるかと思います。


PAGE TOP