kindle paperwhiteのおすすめ格安カバー「Fintie Kindle Paperwhite ケース」

kindle paperwhiteのおすすめ格安カバー「Fintie Kindle Paperwhite ケース」
Kindle Paperwhiteを購入したついでに、カバーを購入しました。そのまま使ってもよかったのですが、鞄に入れた時に傷つくのが嫌だな~と。

kindle paperwhiteにはAmazonが販売する純正カバーケースもあるのですが、

↑コレ、4,680円

正直「たけえ…」と思ってしまいました(笑)。わりとどんなものでも純正のもの方が安心感があるので買っちゃうタイプなのですが、今回はKindle自体にも結構お金を使ってしまったので予算的に厳しい…と感じました。

そこで、ネットでいろいろ探してみたのですが口コミ的にも良さそうだったのが「Fintie Kindle Paperwhite ケース」。カラーにもよりますが1,680円で購入できるので、格安のおすすめカバーを探している人におすすめです。

後ほど詳しく書きますが、使用感も悪くありませんし、安っぽさも感じません。この価格帯ならコスパ抜群と言えます。浮いたお金を本の購入代に使うこともできます。

Fintie Kindle Paperwhite ケースのココがいい!

  • 値段が安いのに作りがしっかりとしている
  • カラーや柄のバリエーションが豊富
  • 閉じると自動的にスリープモードになる

Fintie Kindle Paperwhite ケースの使用感

KIndleカバーを手に持った感じ
使用感はカバーとしての機能はバッチリですね。Kindleから外れてしまうこともないし、しっかりとフィットしてズレたりパカパカ外れてしまうこともありません。逆さにしても落ちません。

カバー自体の重さは100gですが、Kindle単体で持ったときとほとんど重さは変わりません。仰向けに寝ながら読むとさすがに腕が疲れてしまいますが、他のタブレット端末でも変わらないので特にデメリットでもありませんね。

ちなみに純正はカバーは159gですのでFintieの方が軽いです。

表面

表面は平べったく、素材は高級ポリウレタンレザーです。堅い素材なので、ある程度の堅いものが当たってもKindleが傷つくことはないかと思います。

裏面

裏面も同じ感じ。一方、内面はマイクロファイバー素材なのでKindleの画面が傷つくことはありません。

開く部分は磁石によって止まっていますが、この磁石の強さも絶妙。どれだけ動かしても開いてしまうことがないですし、逆に開くときは軽い力で開くことができます

薄さ

薄さは2.5cm。純正カバーよりも0.7mm厚いですが、この薄さなら鞄に入れても邪魔になりにくいので特に問題ないかと思います。

豊富なカラー&バリエーション

私のはブラウンですが、Fintie Kindle Paperwhite ケースは全部で29種類のカラー&バリエーションが用意されています。

Kindleカバーのバリエーション

↑一部ですがこんな感じ。無地デザインと柄物デザインが半々ぐらいで用意されていますので、自分の好みに合うデザインも見つかりやすいのではないでしょうか。

⇒Fintie Kindle Paperwhite ケースのカラーバリエーションをチェック

閉じると自動的にスリープモードになる

カバーのを開閉するだけで、端末が起動、スリープになります。基本的にKindleは電源を落とすことがなくスリープモードにしたままになりますので、閉じると自動的にスリープモードに切り替わるのはありがたいですね。

格安のKindleカバーは他にもありますが、この価格帯だと閉じてもスリープにならないものもあります。スリープボタンは端末下に付いていますが、コレが結構押しづらい。私はこの手間が省けると分かった時点で即買いしました(笑)。

格安のKindleカバーなら「Fintie Kindle Paperwhite ケース」がマジでおすすめです!

以上がFintie Kindle Paperwhite ケースの使用感・口コミです。少し長くなってしまいましたが、この価格帯でこの完成度なら大満足です。というか、カバーとしての機能にこれ以上求めるものなんてないかな?って感じです。「軽い」「Kindleが傷つかない丈夫さ」「開閉でスリープが切り替わる」という3つの機能を求めているなら、「Fintie Kindle Paperwhite ケース」で十分満足できます。


PAGE TOP