DTM初心者におすすめのDAWソフト

computer-820277_640
最近では少し低迷気味なボカロなんかもDTM(デスクトップミュージック)で作られていますね。
DTMとは簡単に言えば「パソコンを使って曲を作ること」を指します。

スタジオに行かなくてもいいし、ギターやベース、ドラムなど楽器が演奏できなくても曲を作ることができるのがメリットですね。

そして、DTMをするのに必要なツールがDAWソフトです。
DAWソフトをパソコンで起動して、DAWソフト上に録音をしていく感じです。

今回はDTMをはじめるのにおすすめのツール(DAWソフト)をご紹介しようと思います。

バンドで曲を作りたい、ボカロの曲を作ってみたい、楽器は弾けるけど趣味でDTMをはじめたい
という方は、ぜひ参考にしてみてください。

Cubase(キューベース)


公式サイト:http://japan.steinberg.net

個人が自宅でDTMをするときによく使われているDAWがCubaseですね。
定番中の定番です。

パソコンがWindowsの人も多いと思いますが、Windowsと相性がいいので安定します。
さらに最近ではボカロとの相性もいいように開発されていて、ツールを使ってボカロソフトと紐付けをして製作スピードを格段に早くすることもできます。

現在ではCubase8まで発売されていますが、例えば「Cubase8は少し値段が高いからCubase7を買っておくか」なんてのもありですね。

ちなみに私はCubase5を使っていましたが、動作が少し重いながらもギター・ベース・ドラムのバンド形式の曲を作るぐらいだったら特に問題なく作れました。
Cubase7とかなら全然問題なく動作すると思います。

Pro/Artist/Elements/AI/LE がある

さらにCubaseの中にも「Cubase Pro」「Cubase Artist」「Cubase Elements」「Cubase AI」「Cubase LE」の5つがあります。
この5つは使える機能値段が違います。

高機能 ←  → 低機能
Pro Arti Eleme AI LE
高価格 ←  → 低価格

って感じですね。

最初はAIかLEがおすすめです。
「Pro」「Artist」「Elements」の上位3つは高機能だけど、正直使わないばかりで宝の持ち腐れになってしまいます。

オーディオトラック

例えばオーディオトラックの数。

Cubase Pro8 Artist8 Elements8 AI8 LE8
オーディオ数 無制限 64 48 32 16

普通の曲を作るぐらいだったら48トラック以上も使いません。
ギター×2、ベース、ドラム×10で考えても13トラックですからね。

オーケストラとか大人数で演奏する曲だったら48トラック使うかもしれません。

こんな感じでも他の機能もあまり使わないので、値段的にもAIかLEが一番ムダなく使えます。

Protools(プロツールス)


公式サイト:プロツールス日本語サイト

プロのスタジオ現場などではほぼProtoolsが使われているようです。
Windowsには対応していなくて、Macに対応しているので「パソコンはMacを使っている!」という人におすすめです。

私は使ったことがないのでよく分かりません。(笑)

両方使ったことがある人からは「使用感はCubaseと変わらないけど、スタジオにデータを持ち運ぶことを考えて、互換性を持たせるためにProtoolsを使っている」ということも聞きますので、特にProtoolsじゃないとできない!ということはありません。

機能が制限された無料版もダウンロードできるので、気になる人は使ってみるといいかもです。

SONAR(ソナー)


公式サイト:ソナー公式サイト

Windows専用の定番DAWソフト。
「CubaseかSONAR」というのが、はじめてのDAWソフト選びで最も多い悩まれ方ですね。

私はあまり使ったことがありませんが、普通に録音する分には特にCubaseと違いはありませんでした。

ただ、打ち込み(楽器を弾かずにマウスで演奏データを入力して演奏すること)が少し使いづらいなぁ・・・という印象がありましたね。
私がCubaseに慣れていたということもあるのですが。

値段も安いので、知り合いにSONARを使っている人がいればSONARもいいかもしれません。

Studio One(スタジオワン)


公式サイト:Studio One公式サイト

わりと新し目のDAWソフト。
Cubaseを開発していた人達が会社をやめて作り始めたDAWだそうです。

数年前に出始めたばかりなのでまだ使っている人が少ないですが、操作性や音がいいので、これから使用者が増えるんじゃないでしょうか。

ちなみに私もStudio One使っています。
打ち込みの音はCubaseとの違いはあまり分かりませんが、ギターやベースのライン録りは音がいいですね。

あと細かい部分の操作性も良かったりします。

個人的にはCubaseと同じぐらいおすすめ。
公式サイトから無料板をダウンロードできるので、使ってみるといいかもしれませんね。

オーディオインターフェースと一緒に買うのがおすすめ

ギターやベースをパソコン内に録音するにはオーディオインターフェースが必要です。

オーディオインターフェースはいろいろな種類が売っていますが、中にはDAWソフトとセットで販売されているものもあります。

セットで買っても10000円~20000円ぐらいで買うことができるので、はじめてDAWソフトを買うときはセットで買うのがおすすめです。


PAGE TOP